IYEMON SALON KYOTO

cafecompany

Category: イベント

5月28日新茶を愉しむ会

この間までいい天気だったのも一変、梅雨入りしましたね。

じめじめした日がこれから続きますが、お茶を飲んで爽やかに過ごしたいものです。

 

5月28日は「新茶を愉しむ会」を実施しました。

ちょうど5月は新茶のピーク。そんな旬の味わいを愉しんでいただきました。

 

 

今年の京都では、4月24日に城陽市にある茶市場にて宇治茶の初市が開かれました。

これは前年より6日早いということで、4月の暖かい時期が続いたのがお茶にも影響したようです。

 

南北に長い国土を持つ日本では、各地でお茶が作られます。

鹿児島県など暖かい気候の土地で栽培されるお茶は、ピークも早く、年によりますが4月半ば頃から出回ります。

今回淹れていただいたお茶は宇治の新茶。

宇治川と木津川に挟まれた場所で栽培されるお茶は、旨味が多いこととふくよかな香りが特徴です。

これは、二つの川に挟まれていることによって霧が発生しやすくなり、それが自然の覆いとなって茶畑を覆い、旨味と香気の優れたお茶になるからです。

まず一煎目は、新茶特有の甘みを引き出すために湯冷ましをして、二煎目からは少しずつ高めの温度でお愉しみいただきました。

 

皆さま煎ごとの味の変化に驚いておられました!

 

新茶は渋みが少なく、爽やかな香りが特徴のお茶です。

好みによって、高めの温度で香りを愉しんだり、低めの温度で旨味を愉しんだりと色んな愉しみ方があります。

今の時期しか味わえない新茶の味と香りをぜひ皆さんも愉しんでくださいね!

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!


5月15日着物CHAKAI

5月も後半になり、暑さが増してきましたね!

5月15日の葵祭当日、伊右衛門サロンでは京友禅の老舗・千總がプロデュースする總屋とコラボレーションした特別イベント、「着物CHAKAI」を実施しました。

着物で葵祭見学や町歩きを愉しんでいただき、その後に伊右衛門サロンにて着物レクチャーとお茶会を愉しんでいただく企画は、今年で二回目になります。

 

 葵祭が実施される5月15日は、雨が降ることが多いそうなのですが今年は良い天気に恵まれ、暑過ぎず過ごしやすい気候だったなぁと思います。

ちなみに昨年は雨が降り、着物での町歩きは中止、室内にて千總ギャラリーご見学と着物レクチャー、お茶会といった流れでの開催でしたので、今年は天気が良くて本当によかったです!

皆様着物で葵祭をご見学されたり、清水寺の方まで行かれたり愉しまれたようでした。

 

町歩きの後は、總屋スタッフさんから京友禅についてレクチャーいただきます。

 色んな工程を経て京友禅が出来上がっていくんですね・・・。

完成に近づくと色鮮やかで綺麗ですね!

  

着物レクチャーの後はお茶会です。

今回は玉露の淹れ方を実践していただきました。

 

玉露は旨味や甘みの多いお茶。

一煎目は旨味や甘みを引き出すために40度ぐらいのぬるい温度で、二煎目以降は少しずつ高めの温度で入れてお茶の渋みや苦味を愉しんでいただきます。

今回用意したお菓子は末富さんの「唐衣」。

かきつばたの花の形をしたお菓子です。

                                      

玉露は一般的に淹れにくいというイメージがあるお茶ですが、ポイントを掴めば気軽に淹れられるお茶です。

最初はその旨味にびっくりするかもしれませんが、お茶本来の旨味を愉しめる玉露は飲むことによってリラックス効果が得られるとも言われています。

ぜひご自宅でも気軽に淹れていただければなぁと思います。

 

伊右衛門サロンでは、今後もこういったイベントを企画してまいりますので、ぜひたくさんの方にご参加を賜ればと思っています。

今回のCHAKAIにご参加くださった皆様、有難うございました!

 

 

 


4月24日飲み比べを愉しむ会

もうすぐゴールデンウィーク。

学校や会社など新しい環境に入られた方もそろそろ慣れてきた頃でしょうか?

 

伊右衛門サロンでは4月24日飲み比べを愉しむ会を実施しました。

今まで何度か飲み比べは実施していますが、今回は茶葉の見た目や香り、味の違いが一番分かりやすい茶種別の飲み比べです。

 

ちなみに今回は茶香炉を置いてみました。

ちょっと分かりづらいですが香炉の下にキャンドルが入っており、上のお皿になっている部分にお茶をのせます。

キャンドルに火をつけてしばらく置くと、熱せられたお茶から香ばしい香りが発するのです。

お茶には消臭する効果もあるので、玄関先などで茶香炉を焚くと臭い消しになりおすすめです。

 

 

そして飲み比べのお茶は、

・煎茶

・かぶせ茶

・深蒸し煎茶

・煎茶のかりがね(茎茶)

の4種類をご用意しました。

それぞれの美味しさや特徴が一番引き出される淹れ方でお茶を淹れていきます。

煎茶は70℃のお湯で1分半、かぶせ茶は60度のお湯で2分、深蒸し煎茶は70℃のお湯で30秒、煎茶のかりがねは80℃で1分抽出します。

昼の部、夜の部ともにかぶせ茶が人気でした。

今回のお菓子は柏もちでした。

 

次回は5月らしく「新茶を愉しむ会」を実施します。

詳細は決まり次第店頭やHPで掲載いたしますので、ご期待くださいませ。

 

 


3月CHAKAIご報告と次回CHAKAI告知

桜のシーズンも落ち着き、葉桜が見られるようになりましたね。

日差しも暖かさを増すこの頃ですが、先月3月26日に「春のお茶を愉しむ会」を開催しました。

 

3月のCHAKAIは、3月5日に新発売となった「伊右衛門贅沢冷茶」とのコラボレーション企画です。

このお茶は、水出し抹茶を使用しているという特徴があるのですが、今回のCHAKAIではそれにちなんで抹茶を水で練ってから点てるということをしました。

 

 

通常、抹茶を点てる時は抹茶茶碗を温めてから抹茶を入れ、お湯を注いでから茶筅を使って点てます。

 

 しかし今回は最初茶碗を温めて抹茶を入れるところは同じなのですが、次に少量の水を入れて抹茶と水を練り、それがなじんできたところでお湯を加えて茶筅でシャカシャカと泡立てます。

 

皆様コツを掴むのが早く綺麗な抹茶が点て上がっていました! 

 

 

お帰りの際には茶筅をお持ち帰りいただきました。

ご自宅でもお使いいただければと思います。

 

では次回以降のCHAKAIの告知を・・・。

 

4月24日(水) 飲み比べ(茶種別)を愉しむ会

栽培方法や製造方法によって色んな種類があるお茶。

4月のCHAKIでは茶種別に4種類のお茶を飲み比べていただきます。それぞれの美味しさや特徴が一番引き出される淹れ方でご用意しますので、ぜひその違いをお愉しみください。

CHAKAI終了後には、飲み比べていただいたお茶のティーバッグをお土産にご用意しています。

 

時間:【昼】15:00~16:00 

   【夜】19:00~20:00

参加費:2,000円

定員:各回8名

 

5月15日 着物CHAKAI

京友禅の老舗・千總がプロデュースする「總屋」と伊右衛門サロンの特別企画「着物CHAKAI」。

京都の三大祭である葵祭を、千總の着物でご見学いただき、そのまま京都の町歩きをお愉しみいただくお愉しみ企画です。

町歩きの後には、伊右衛門サロンにて着物のレクチャーとお茶会を愉しんでいただきます。

 

着物・帯・襦袢・足袋など一式こちらでご用意させていただきますので、着物が始めてという方もぜひ気軽にご参加ください。

 

【場所】 伊右衛門サロン

【参加費】 4,000円(雨天の場合は3,000円)

【定員】 6名(女性限定)

【当日スケジュール】

9:00 受付・着付け

10:00 伊右衛門サロン出発 葵祭ご見学~京都散策(15:00まで自由時間)

15:00 伊右衛門サロン集合

     着物レクチャー、お茶会

17:00 解散・お着替え

 

※雨天の場合

14:00 受付、着付

千總ギャラリーご見学、お茶会

17:30 解散・お着替え

参加費は3,000円です。

 

いずれもお問合せ・お申込は

075-222-1500

まで!ご参加お待ちしています。

 


2月8日お茶を使ったお菓子教室

2月も半ばを過ぎました。

14日のバレンタインデーは皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?

伊右衛門サロンでは、2月8日(金)に「お茶を使ったお菓子教室」を開催いたしました。

今回の講師は、伊右衛門サロンでお菓子を担当している佐藤さんです。

 

今回の内容は、

・ほうじ茶のブランマンジェ

・お抹茶のチョコレートクランチ

の2種類です。

 

まずはほうじ茶のブランマンジェの作り方のレクチャーから始まります。

 

 

ちなみにこのほうじ茶のブランマンジェは、伊右衛門サロンのランチのデザートにも登場するメニューです。

今回ご紹介したのはほうじ茶ですが、ほうじ茶以外でのアレンジもできるそうです。

ご参加いただいた皆さんも女性の方ばかりで、とても女子力の高い会となりました。

 

次は、実際にお抹茶のチョコレートクランチを作っていただきました。

急遽伊右衛門サロンスタッフも参加させてもらいました!

このお菓子は、ホワイトチョコに抹茶を混ぜた抹茶の緑色がとてもきれいなお菓子です。

ライスクリスピーと白ゴマをチョコレートに絡め、好みの形に整えます。

2人1組になって作業していただきました。

 

 

チョコレートはハート型にしたり、丸くしてリースのようにしたり皆さん集中して作業をされていました。

形を作ったら、アラザンやチョコスプレー、フリーズドライのイチゴなどを使ってかわいらしくデコレーション。

皆さん色んなデコレーションで素敵な仕上がりになっていました!

 

チョコレートを冷やしている間、お茶の淹れ方をお伝えしました。

今回出来上がったお菓子は、お茶と一緒にご試食いただきます。お茶はブランマンジェに使ったものと全く同じほうじ茶を準備しました。

 

デコレーションしたほうじ茶のブランマンジェと一緒に。

こちらの写真はリハーサルをした時のものですが、ライスクリスピー以外にもコーンフレークやフルーツグラノーラでも美味しく作れるそうです。

 

ぜひ色んな材料でお試しくださいね!

 

ご参加いただいた皆様、雪が降る中ありがとうございました!!

 


1月29日飲み比べを愉しむ会

早いものでもう2月。新年を迎えてからあっという間に立春を迎えました。

お茶の業界では、立春から数えて八十八日目が新茶のピークとして知られる八十八夜です。

季節はまだまだ寒いですが春が待ち遠しいですね!

 

1月29日は、2013年初めてのCHAKAIを実施しました。

テーマは恒例の飲み比べを愉しむ会ですが、今回はかなりマニアックな「品種別」の飲み比べをしました。

お米の場合だと、コシヒカリやササニシキというのが品種で、イメージとしてはコシヒカリやササニシキ、アキタコマチの食べ比べのお茶バージョンといったところでしょうか。

 

しかしながらお米と違ってお茶は、通常色んな品種のお茶をブレンドして市場に出回るので、ブレンドする前の品種の状態ではほとんどお茶屋さんでは売られていません。

そんな珍しい品種のお茶を、今回は4種類飲み比べていただきました。

 

用意したお茶は、

・やぶきた

・やまかい

・うじみどり

・在来

の4種類です。

 品種別だと、その違いは微々たるものですが、その違いを感じるのがまた面白いのです。

ちなみにですが、今回用意したお茶の中で在来とうじみどりは、煎茶ですが摘み取るまで10日ほど覆いをかぶせて栽培しており、かぶせ茶に近いお茶です。

一方でやまかいは、全く覆いをかぶせずに栽培しているため、4種類の中では最もすっきりさわやかな味です。 

お茶はそれぞれ2煎目も飲んでいただきました。

 

飲み比べの会ではお腹がちゃぽちゃぽになるのが恒例ですが、また変わった内容で実施していきますのでどうぞよろしくお願い致します。


1月・2月CHAKAIのご案内

1月も半ば、寒い日が続きますね。

2013年に入って、毎月のCHAKAIも色々なテーマでやっていく予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。

 

1月、2月のCHAKAIの内容が決定しましたのでお知らせします。

 

●1月29日(火) 飲み比べ(品種別)を愉しむ会

少しマニアックな内容です。

皆さんは、お米にコシヒカリやササニシキなどの品種があるように、お茶にも品種があるのをご存知でしょうか?

普段私たちがお茶屋さんで買うお茶というのは、お茶屋さんが色んな品種のお茶を独自の製法でブレンド(合組といいます)して、出来上がったものです。

なので、ブレンドしていない品種のままのお茶が売られている、ということは結構珍しいんです。

 

今回のCHAKAIでは、一切ブレンドしていない単一品種のお茶を飲み比べていただきます。

品種ごとに異なる味や香りをぜひ味わってみてください。

 

時間:19時~20時半

参加費:2,000円(お茶とお茶菓子込み)

定員:8名

 

●2月8日(金) お茶を使ったお菓子教室

バレンタインを一週間後に控えたこの日、お茶を使ったお菓子教室を開催します!

伊右衛門サロンのお菓子職人が、作り方の実演をしながらおうちで簡単にできるスイーツのレシピをお伝えします。

 

当日は2種類のお菓子のレシピをお伝えします。

そのうち1種類は実際にご参加いただいた方にもお作りいただきます。

もちろんお菓子は2種類ともご試食していただけます!

お菓子が好きな方やお菓子作りに興味のある方、ぜひご参加ください!

※お菓子作りは手が汚れない内容ですが、汚れが気になる場合はエプロンをご持参ください。

 

時間:19時~20時半

参加費:2,000円(お茶とお菓子込み)

定員:8名

 

お問合せ・お申込は

伊右衛門サロン京都 075-222-1500まで。


12月19日ほうじ茶と玄米茶を愉しむ会

今日は冬至ですね。

クリスマスや年末年始の準備など慌しい日が続きますが風邪など引いてないでしょうか?

ノロウイルスや胃腸の風邪が流行っているそうなので体は大事にしたいものですね!

 

寒さが厳しくなってきましたが、12月19日に「ほうじ茶と玄米茶を愉しむ会」を実施しました。

ほうじ茶や玄米茶は日常的によく飲まれるお茶ですが、意外に知らないことも多いお茶。

今回はほうじ茶と玄米茶の紹介はもちろん、両方のお茶を淹れていただきました。

 

通常、日本茶は湯冷ましをして(例えば煎茶なら70℃など・・・)淹れますが、ほうじ茶や玄米茶は湯冷ましをせずに熱々の熱湯で抽出します。

ほうじ茶・玄米茶はお茶そのものがあっさりしているため、熱々で淹れても苦渋味が少なく、また熱湯で淹れることによって香りが引き立ちます。

いつものCHAKAIでは、宝瓶という取っ手のない茶器で淹れるお茶も、今回は取っ手のついた急須を使っていただきます。

 

 

今回のお茶は、特別にかりがね(茎茶)ほうじ茶と、煎茶玄米茶を淹れていただきました。

お茶請けは蕎麦ぼうろと、CHAKAI用に伊右衛門サロンのキッチンで作ってもらったほうじ茶のシフォンケーキです。

 

昼の部では、なんと参加者の方が山芋を使ったきんとんを作ってこられました。

 

 

ほうじ茶や玄米茶は、お食事時にもよく合いますし、基本的にはどんなお菓子にも合うお茶です。

美味しく淹れてほっこり温まりましょう。

 

 それではこれから年末に向けて忙しくなりますが、体に気をつけて新年を迎えましょう!!

来年度のCHAKAIの内容は決まり次第伊右衛門サロンホームページやスタッフブログでご案内致します。

 


モーニングいけばなレッスン 冬の会

12月に入り、日増しに寒くなる今日この頃。

これからクリスマスや年末に向けて伊右衛門サロンも様々なイベントやメニューを企画しています。

 

本日は華道家元池坊と、伊右衛門サロンのコラボレーションイベント・「モーニングいけばなレッスンを開催しました。

今回は「冬の会」ということで、クリスマスをイメージしたいけばなです。

講師の先生は、前回もご担当いただきました今小路先生です。(とても美人の先生です!!)

 

使用するお花は、コチア、アルストロメリア、千日紅(せんにちこう)、アジアンタムの4種類。

中でもコチアは銀白色で、雪をまとったクリスマスツリーのようです。

 

左からコチア、アルストロメリア、アジアンタムです。

 

 

そしてこちらが先生の作品。

 アルストロメリアと千日紅のビビッドな色合いが素敵ですね!

 

 

ちなみに今回は、男性の方のご参加も賜りいつもとは違った雰囲気での進行となりました。

 

 

伊右衛門サロンスタッフも、隅の方で生けさせていただきました。

つくづくこういうレッスンをちゃんと受けて、女子力アップを図りたいなぁと思いました。。。

 

 

レッスンの後は、この日のためにご用意した特別ランチをお召し上がりいただきました。

今回は、「小かぶの詰め物 えびとホタテのソテー」をメインに、ご飯、味噌汁、おぼろ豆腐、碾茶(抹茶の原料のお茶)の佃煮をご用意しました。

小かぶがくり貫かれていて、かぶのヘタの部分が蓋になっています。

この蓋の部分も食べることができるんですよ~。

 

今回のいけばなレッスンも大成功のうちに終わりました。

今回で2012年度のいけばなレッスンは終了になりますが、次回内容の詳細が決まりましたら、伊右衛門サロンホームページやスタッフブログなどで告知致しますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

 


伊右衛門のChristmas…。☆。☆。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか??

 

 

 

12月に入り、いっそう寒さが厳しくなりましたね・・

体調管理、寒さ対策にはお気をつけ下さいね♪

 

 

 

 

京都の街中でもクリスマスのデコレーションやイルミネーションが綺麗に

飾られクリスマスモードが高まってきました

 

 

 

 

そんな中、伊右衛門サロンよりChristmas特別メニューのお知らせです☆ 

 

 

 

 

12/13(木)~12/25(火)の期間 ”伊右衛門のChristmas”  と題しまして

クリスマス特別メニューをご提供致します

 

 

 

 

まずは身も心も温まるデザートから♪♪

 

 

 

 

” ほうじ茶のフォンダンショコラ w/ほうじ茶アイスクリーム    680円”

 

 濃厚で香り高いほうじ茶チョコレートソースをほんのり温かいケーキにとじこめました

 

 

 

 

 

続いてはChristmas特別ドリンク♪♪

 

 

 

 

 

”点てたてのアイス抹茶ラテ 750円”

 

点てたばかりの宇治抹茶を贅沢に使用し、抹茶香るラテに仕上げました

 

 

 

 

 ” 大人のホットほうじ茶ミルク ~ウイスキー仕立て~ 800円 ”

 

 

香ばしいほうじ茶に練乳のコクを加え、やわらかく華やかなウイスキーで大人っぽく・・   ※お酒です

 

 

 

 

 

”ホワイトクリスマス  800円 ”

 

ホワイトチョコレートにさっぱりとした林檎を加え、仕上げにふわふわのホットミルクを・・ 冷と温をお愉しみください  ※お酒です

 

 

 

 

 

 

なんとこれだけではありません!!

 

12/24(月) と12/25(火)の二日間は店内を沢山のキャンドルがお客様のたいせつな時間を

より良いものに致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非この期間、他では味わう事のできない”和”と”モダン”の織りなす伊右衛門で過ごすクリスマス

をお愉しみくださいませ♪

 

くらた